こんにちは。ヒデです。

2019年ゴールデンウィークに小学2年生と4年生を連れて、さんふらわあで鹿児島へ家族旅行へ行ってきました。

ルートはこんな感じです。

1日目 大阪南港➡志布志港 さんふらわあ 新さつま

2日目 えびの高原

3日目 高千穂牧場・霧島アートの森

4日目 桜島でカヌー

5日目 イルカランド 志布志港➡大阪南港 さんふらわあ 新きりしま

 

今回は、えびの高原でのハイキング についてレポートします。

えびの高原 は最高でした!

えびの高原を選んだ理由

今回の、旅行先を選ぶときに、子供たちに何がしたいか希望を聞きました。

すると、「登山がしたい!」と。

たしかに、大阪市内の子なので、あまり登山をする機会がありません。

かといって、私も登山をする人ではないので、本当の山は危険です。

そこで、色々と調べた結果、えびの高原のハイキングくらいが最適かなと…。

結論から言えば、我ながらベストな選択だったかなと思います。(^^♪

えびの高原の場所

えびの高原は、志布志港から車で約1時間30分、北に走ったところにあります。

ゴールデンウィーク中ですが、道は全く混んでませんでした!

えびの高原は、盆地状の高原になっており、そこに火口湖が3つあります。

標高1000m以上あり、鹿児島市内よりは涼しい場所でした。

えびの高原のハイキングコース

えびのエコミュージアムセンターというところに駐車場があり、そこからハイキングするのですが、いくつかのルートがあります。

こちらが、現地で手に入れた案内図になります。

私達が行ったときは、硫黄山で火山ガスが発生しているとのことで、不動池には近寄れませんでした。

そこで、エコミュージアムからえびの展望台、二湖パノラマ展望台、白鳥山展望台、白鳥山北展望台と白紫池を一周して戻ってきました。

小学生の子供達にも全く問題ないような道でしたよ。

ただ、トイレや自動販売機はえびのエコミュージアムセンター周辺しかありませんのでご注意ください。

えびの高原のきれいな景色

えびの展望台

まず、えびのエコミュージアムセンターから出発してすぐにえびの展望台があります。

そこから見た韓国岳(からくにだけ)の写真です。

えびの高原展望台から見る韓国岳

この通り、この日は天候に恵まれて最高でした!(^^♪

ところで、なぜ韓国という字が入っているか…どうやら一説では、朝鮮半島が見えるくらい高いという意味だったらしいです。(実際には見えませんとのこと…)

そのあと、しばらくはこんな感じの道が続きます。

えびの展望台から二湖パノラマ展望台への道

そして、運が良ければ、野生の鹿を見ることができます。

私たちも見ることができました!

わかりますかねぇ…写真中央に鹿がいるのですが…。

すみません、写真がへたっぴで…。(;´Д`)

その後、このような階段状の山道が続きます。

二湖パノラマ展望台への道

素晴らしい天気でしょ! 気持ちよかった!

二湖パノラマ展望台

そして、こちらが二湖パノラマ展望台からの眺めです。

向こうに見える台形の山が甑岳(こしきだけ)、手前の湖が六観音御池です。

ここで、子供達はやまびこを体験していました。

大阪ではできませんので、いい経験になったのではないでしょうか。

この後は、少し山らしい道が続きます。

白鳥山山頂までの道

そして、開けてからはこんな感じ。

白鳥山山頂付近

小学生の子供達も全然平気でどんどん進んでいきました。

白鳥山展望台

そして、これが白鳥山(しらとりやま)展望台付近からの風景です。

白鳥山山頂付近から

どの展望台からも、こんなにきれいな風景が見れますよ!

そのあとは、こんな感じの細い道をしばらく降りて、元の道に戻ります。

えびの高原の植物

ここ、えびの高原ではたくさんの植物も観察できるようです。

えびの高原の植物

私たちは、子供たちがあまり興味を持たなかったので、どんどん歩いていきましたが…。

でも、最後に子供たちが撮影した花をご覧いただきますね。

るるぶ鹿児島 指宿 霧島 桜島 (るるぶ情報版地域)

かごんまさんぽ旅: 鹿児島県観光ガイドブック2020 (観光本/旅行本/地域情報/九州/鹿児島県/年刊誌)

 

ゴールデンウィーク、えびの高原は最高でしたよ!

ぜひ、行かれることをおススメします!

では、みなさん、今日も元気にお過ごしください!