40代の医師が、健康に、楽しく、お得に生きていくための情報を発信するブログです。
ブログ

膝が痛い人の簡単な運動を紹介します。

こんにちは。ヒデです。

膝が痛いこともロコモティブシンドロームの原因になるんでしたね。

前にも書きましたが、最近私も膝が痛いんですよね~。

軽い変形性膝関節症ではないかと思っています…。

そこで、ロコモになりたくない私は、膝が痛い人の簡単な運動を紹介します。

ここでは、特に多い病気、変形性膝関節症の運動について紹介します。

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?

骨と骨をつなぐ部分が関節ですが、その関節には骨と骨の間に軟骨というものがあります。

ひざの関節のこの軟骨が、加齢や体重などの負荷で摩耗が起こり、障害され、痛みを引き起こす病気です。

変形性膝関節症の症状は?

初期には、立ち上がったときや、歩きはじめた時などの運動開始時に痛み、歩いていると軽くなり、休むと痛みが消えます。

病気が進むと、歩いている時には常に痛みが出るようになります。

末期には、痛みにより歩行が困難になり、安静時にも痛みが出てくるようになります。

このように、ロコモティブシンドロームとなるのですね。放っておくと怖いですね。|д゚)

変形性膝関節症になりやすい人は?

加齢のより起こりますが、特に50歳前後から急に増えてきます。

体重が1つの原因ですので、肥満で関節の軟骨への負荷が増加すると、起こりやすくなります。

また、30代で肥満があった人は、年を取ると変形性膝関節症になりやすいことが分かっています。

性別では、女性の方が男性よりもなりやすい病気です。

また、膝を頻繁に曲げる職業の方がなりやすいと言われています。

特に重いものの運搬や、しゃがみこんだり、ひざまずいたり、階段を使うことの多い職業の方は要注意です。

変形性膝関節症のリハビリテーション

1.あしあげ体操

仰向けの体勢で下肢全体をかかとが床から約10cm程度のところまでゆっくりと上げて止めます。

そこで5秒数えて下肢をあげたまま保持します。

その後、下肢をゆっくり元の位置に戻します。

反対側の下肢は、膝を直角以上に曲げて、膝たてをしておいてください。

これを20回1セットとして、1日2セット行いましょう。

2.つかまりあしふみ体操

腰の高さより少し高い机を用意します。

この机に両手をつき、前屈で体重を預けます。

その体制で足踏みを行います。

100歩ほどを1セットとして、1日2セット行いましょう。

3.足スライド体操

いすに座って、片方の足を床の上で前後にゆっくりスライドさせます。

できれば、すべりの良い靴下などをはいてすることをお勧めします。

足スライド体操は、膝の痛みの軽減に対して即効性があるとされています。

膝の痛みが強い方は、この方法から取り組んでみてはどうでしょうか。

左右それぞれ20回往復を1セットとして、3セットを1日2回行いましょう。

 

以上、簡単な3つのトレーニングを紹介しました。

膝に痛みのある方は、実践してください。

今回も頑張って、簡単な動画を作ってみましたが、どうですかねぇ?

わかりにくかったら、すみません。でも、今回も頑張って作ってみたのでお許しを。(^_-)-☆

 

では、みなさん、今日も元気にお過ごしください!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGETOP
Copyright © ぬるまゆ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.